« フワフワちゃんの朝と夜。と食欲の秋のベクレル。 | トップページ | 測定結果は?? »

2012年10月 7日 (日)

フワフワちゃん空を飛ぶ

 先月放送していた ET  V 特集
『チェルノブイリ原発事故・汚染地帯からの報告(1)』の動画です。
        
チェルノブイリ原発事故・汚染地帯からの報告... 投稿者 tvpickup

N HKにしてはよくやった方なんですけど、やっぱり 『NHKはウソをつく』と言われるだけあって、所々抜けて編集するんですよねそこを説明として書いたのでそれを参考にしてくれればと。(どこを誤摩化してるか見破りながらみるのって疲れますね〜〜^^、)

 冒頭はこう始まります。
「ベラルーシでは森林の除染はコストがかかり生態系を破壊するため行なわれませんでした。。ゾーンには放射線に汚染された 瓦礫 が持ち込まれ捨て場となっている場所がありました。
この周辺の空間線量率はおよそ0.3マイクロシーベルト(埼玉三郷や、東京葛飾や、千葉市などもそれぐらいの場所あり)事故後と比べると100/1以下に減少いたしました。 しかし、土壌には人体に骨に溜まって排出されずらい 
ストロンチウム や肺がんを引き起こしやすいと言われる  プルトニウム  なども沈着しています。(福島第一原発ではチェルノブイリ原発で使っていないプルトニウムを使った3号機が爆発してます)

放射性物質が集められているゾーン、一番恐れられているのが、
森林火災 が起き
 放射性物質が 大気 に拡散 する事です、火事が起きないように厳しい監視が行われてます。(日本では国が指導し各地で焼いて大気に拡散します!)

              ここまで引用。


 ※ ここです!!
 まず、この”ベラルーシ” という国は情報隠蔽&独裁国で、放射性物質による被曝で身体に及ぼす影響を調べ尽くし報告した、ユーリ・バンダジェフスキー博士を逮捕監禁!後に人権団体の尽力で釈放後、国外追放!そして、国外からの取材時には、秘密警察が常に同行する。


そんな国でも、表向きはまだ日本よりまだ汚染に対する基準がましって言うシャレにならない状況ですが・・・・・・・・・・・。

 キーワードです  
※ 
『年20ミリシーベルトっをと話す場面』  ー 1991年に静岡県の中部電力の浜岡原発で働き8年10ヶ月で50.63ミリシーベルトの被曝をし、白血病発症後、2年で29歳で亡くなった。
ちなみに、3.11以前の原発作業員の労災認定(白血病のみ)は年平均5ミルシーベルト。 ☞浜岡原発での、息子の白血病死を告発した母親。

『ベラルーシでの牛乳の検査の場面』 ー  日本の2009年度の牛乳は最高でも0.041Bq/l(それより低いのが大半)

    だから、この程度の対策では次世代に影響が出る、放射能防護を見習うならドイツやスエーデンでしょう、核実験がされる前の地球の空間線量は0.000~マイクロシーベルトだというし、人が作り出したセシウムはそこにあるって事事体が問題。
だからこうなるんです 子ども達が・・・。
これが、チェルノブイリ基準の立ち入り禁止区域外で起きた事。
大画面であえて見る方は(4分の動画)YouTube『チェルノブイリ・レガシー』を。

                  

気分を変えて〜〜〜 こら〜変えれるくわ〜って声聞こえそうですけど。

Img_2160

  外猫さん達は、(下の階に出入りしてます)私の相手をしてくれる〜!
テトは、このおもちゃにはもう、、、見向きしないので(泣)

 

Img_2161

  良い子たちです。さすがです!

フワフワちゃんがどうやって2階まで上り下りしてるかが判明しました!

       それは、、、、、、なんと、空を跳ぶ!
この場所から足場の鉄パイプのとっかかりに足を乗せジャンプして登っていたのでした!

作業員が使う足場の階段をぐるっと回ってでなく直接、写真右のフワフワちゃんは凄いです、左の茶フワちゃんはそれを見て試みようとしましたが、、、、、、、諦めた(笑)

 

Img_2177

 そんな、フワフワちゃんに、圧倒されるテトなんですけどね〜〜。

 いつも見てくれありがとうございます。

 一押し応援おねがいです。にほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へ
                          にほんブログ村

 

 

  
人気ブログランキングへ   

|

« フワフワちゃんの朝と夜。と食欲の秋のベクレル。 | トップページ | 測定結果は?? »

猫多様性。」カテゴリの記事

コメント

すごいね、もう1ニャンにほうは無理で
上へこないのね
それにじても~2ニャンともとっても可愛い
下の階のお家で可愛がってもらってるんだー(#^.^#)

投稿: もちゅみ | 2012年10月 8日 (月) 17時48分

ふわふわちゃん、女の子なんですね。
空を飛んでくるなんて、すごい!
お外の猫は運動神経が違いますね。
テトくん、押されてますよ~
やっぱりネコの世界もおんなのこのほうがしっかりしているのでしょうかね(笑)

投稿: 箱缶&ももも | 2012年10月 8日 (月) 22時34分

 もちゅみさん、コメントありがとうございます。
登ろうとして足かけてたんですが、じっと上見てそして、やめた(笑)
真下の部屋に出入りしてます、この二匹は仲いいみたいです^^;

 箱缶&もももさん、コメントありがとうございます。
女の子ですね〜、確認済みで^^;
ぴょ〜んっと、ジャンプ後横になってるパイプに乗りさらにジャンプして、2階の足場にきます!
足も太いんです、テトの倍ありますから、
テトはそうとう押され気味ですね、ここから直にテトが降りようとしたら、地面まで直行便ですね^^、、、、、、、、。
男で自分でしっかりしてると自称の半数以上はせこくへたれの人ですね
男からみると、だいたいそうですね〜^^;

投稿: 草之丞 | 2012年10月 9日 (火) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フワフワちゃんの朝と夜。と食欲の秋のベクレル。 | トップページ | 測定結果は?? »