« 子猫が来たよ、で、やっと一段落。 | トップページ | 子猫、命名しました。 »

2013年9月24日 (火)

子猫に嫉妬! 先住猫と新入り子猫の大問題

  うちに連れて来たこの子、だいぶ懐いてきました。
しかし、、、、先住猫と新入り猫の問題というのは、一筋縄ではいかないっと、実感したのでした。
この、この子猫の兄弟が部屋の真下にいましたが、見るとすぐどっか行ってしまいます、しつこくアピールしたこの子とはちょっと違うのかな、、、。

 

Img_4450

  無防備に寝てたりとか、撫でてゴロゴロしたり懐柔されてます^^。



    
  

Img_4469

  最後の下の『続きを読む』をクリックすると、今回の事件を書いてますが、テトは普段おとなしい良い子なんです、甘えっ子なんです、、、、。
    今回、、、、、、、、嫉妬に狂ってしまったのですが(汗)



   

Img_4452

    そんな、♂のテトが嫉妬しちゃった、♀の子猫ちゃんです。

 
  

Img_4454

Img_4455











      

Img_4462

 

   っと、、言う事が、☝が、判明したのです、困ったもので。。



 
    

Img_4465

Img_4472












  
 

 懐いてきて、じゃれたりしてきたのです、元気いっぱい。貼り付くほど〜
   毛並みの模様は、こんな感じです、キジサバァメショってとこ。

 

Img_4460

   この、後、、、、、とっても怖い思いをするのです、そして、、、。
 流血するのです、、、、私が!私が! 痛かったのです、私が・・。

  何があったは、↓下の「続きをクリック」をクリックで、、、。

             ブログランキング・にほんブログ村へ
             にほんブログ村
      

Banner_2

             ポチっとお願いです。 


   

  そして、何があったかというと、、、、、、、。

 この、子猫を抱いて、テトにちょこっとだけ、見せたのです、それがいけなかったのですが、、テトが突然、巨大化し(の、ように見えた)虎のように子猫に襲いかかったのです。歯を剥き出して噛みつきに・・・・。
       (うわ〜〜〜、イメージダウンだ〜〜。。)


  

 昨日の記事で書いたように、ケージを改造してアクリル板とかで接触出来ないようにしなかったら、どうなったかと、、お、思いますが・・。

Img_4495

  ケージに子猫を避難させ、興奮治まらない両ニャン達。唸り声ですよ〜、初めて聞きましたし、初めて見ましたこんなテト(汗)

  

Img_4496

  テトのシッポは大興奮!新入り子猫に嫉妬したみたいで、甘えん坊だけに、反動が大きかったのかも。。少ししたら、いつものテトに戻ってたのですけど、慌てましたね〜、、、、。


  

Img_4498

 そりゃ、、、、そんな事されたら、怯えるのです、怖がります。
しばらく、、、テトを見るたび「シャッー!!」っと、冒頭の写真と違う鬼気迫る顔でしたから。


  

Img_4497

←私がこのような事態になりましたから。

Img_4499

 ※ 血がよわい方はクリック不向きです、

Img_4504

 子猫が噛まれたら、最低でも重傷だったかも・・。
よく、数回に及ぶテトのガブガブ攻撃から子猫を守れたと思います。

Img_4514

すべての攻撃を我が身で受けたのですから。
テトに当て身する事無しに、防衛のみで攻撃から守ったのでした。

  い、痛かったです、、、女の子に暴力なんて、人だったら、許しませんけど、、テトだし、猫だし。。怒っても分かんないだろうし。
  無事だったのですから、私以外は。早めにテトの気持ちわかったので、これは、良しとした方がいいのかな?、、、ん〜、先住猫と新入り猫の不仲問題に悩む方の気持ちを、体感してしまいました。。

|

« 子猫が来たよ、で、やっと一段落。 | トップページ | 子猫、命名しました。 »

その他」カテゴリの記事

コメント

お邪魔します。消毒は必ずして下さいね。時間をたっぷりかけて少しずつ少しずつ仲良くなっていきますよ。べったりの仲良しにはなれない場合もありますが、そこはニャンコどうし、折り合いをつけて生活していくものです。先住猫が新入り猫を受け入れた時や初めて人の膝に乗ってくれた時は、パパさんママさんは大感激です。ゆっくりと、もっとゆっくりと。お邪魔しました。

投稿: 雨のち時々いつか晴れ | 2013年9月24日 (火) 15時35分

ん~~っ。なかなか難しい問題ですね。
テトちゃんはぱーぱが大好きだから、
ぱーぱが子猫を抱いているのが許せなかったのかな。
ケージに布をかけてテトちゃんに見えないようにした方がいいかもしれませんね。
うちも最初はどうなるかと思いましたが、いまはなかよしとはいかないまでも共存しています。
テトちゃんが落ち着いてくれるといいのですが…

投稿: 箱缶ももも | 2013年9月24日 (火) 15時54分

どんなケガが怖くて見れなかったー(^_^;)
でも消毒もしっかりしてくださいね
猫の引っかき傷や噛み傷で
なにかの病気になることも~って
前にブロ友さんとこで見たんだけど・・・
覚えてなくて
テトちゃんすっごいことになったの
ちょっと早すぎたかな?
あと転嫁攻撃ってあって飼い主に凶暴になったりもあるようだし
今まで猫社会の付き合い方がわからないから
なかなか慣れるまでも時間かかるかも~
おふみもはじめすごかったもん
猫より人が好きだし(今でも毎日喧嘩)
あとね、去勢してない男のはしてる子より
凶暴にはなるかと思う^_^;
お大事に~

投稿: もちゅみ | 2013年9月24日 (火) 19時15分

 leo雨のち時々いつか晴れさん、コメントありがとうございます。
洗って、消毒はしました、が、少し腫れました・・。
ほんとに、、、かなり時間かかるのでしょうね、きっと。。
ここまでとは、思わなかったので、いつになるんだろうっと、思います。

 leo箱缶もももさん、コメントありがとうございます。
難しい問題ですね〜、これは。
テトにとっては、存在意義を盗った泥棒猫っと思うのでしょうね^^、
今日位になって、やっと落ち着きだしてますが、まだまだですね〜。
アクリル板とか貼付けといて、本当によかったと思います、
いや〜、もももさんの所ぐらい仲良しになれば、十分満足です^^;
毎日険悪ケンカになるお宅もあるのですから、
それにくらべれば、くっ付いて寝たりとか大成功ですよ〜。
しかし〜、、、噛みにくるまで、ケージ内では、テトは、
そんなに攻撃性見せなかったので、、。今後どうなることやらで(汗)

 leoもちゅみさん、コメントありがとうございます。
まぁ〜見た目は言う程、おどろおどろな、傷ではないのですが、、、。
テトには、、、出会ったその場で、ご飯ごと牙が突き刺さりましたので、それよりは傷そのものとしては、軽かったのですけど、痛い(汗)
すこし、腫れましたし膿みちょっとでました、洗って消毒は、
したのですけど、、、。今は治まり始めてますので〜。。

早かったのでしょうね、、きっと、しかし〜、腕で抱っこの状態に、
襲いかかるのは、けっこうテトはムカついてたのかな〜〜。。
その場では、ついでで、足を噛まれたけど、、でも、
30分もしないうちに、いつも通りのテトに戻り、ほっとしました。
おふみ君も、だったんだ〜、オス&メスの組み合わせとか、
あんまり意味ないのか?っと改めて思いますね〜^^、、、。

猫社会の付き合い方、分かってなさそう〜、
猫パンチでもなく、威嚇の前に、噛みつくんですから・・。
先が、大変なんだろうな〜っと^^、、。

投稿: 草之丞 | 2013年9月26日 (木) 02時49分

にゃんこのシャー!!ははくりょくありますよね…

投稿: 猫はやきもち焼いたり嫉妬するの?原因と対処法を知ろう! | 2017年1月20日 (金) 13時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 子猫が来たよ、で、やっと一段落。 | トップページ | 子猫、命名しました。 »